arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

ショッピングカート


《人生はやり直せる。どこからでも》


⭐ブログ一覧・人気偉人32名のご紹介

【オードリー・ヘップバーンの名言散歩(英語&日本語)】大女優を演じた?愛と美の光の天使


【目次】・オードリー・ヘップバーンの作品と魅力

・オードリー・ヘップバーンの名言集①~⑭

・有名なエピソード・名言の背景としての生い立ち。

《人生はやり直せる。どこからでも》


【オードリー・ヘップバーンの名言散歩(英語&日本語)】大女優を演じた?愛と美の光の天使

《人生はやり直せる。どこからでも》


ローマの休日」や「ティファニーで朝食を」などの数々の名作のヒロインを務めたことで有名なオードリー・ヘップバーン

彼女の美しさ、その語るセリフの煌めき、女性としてあふれ出る品性は、現代でも世界中の数多くのファンを魅了しています。

今回は、そんな大女優であったオードリー・ヘップバーンが残した名言の数々をご紹介致しましょう。

彼女の名言はその生涯から生み出された、珠玉の「セリフ(アドリブ)」です。

オードリー・ヘップバーンの作品と魅力

それでは、名言を味わう前に、オードリー・ヘップバーンの魅力について、簡潔に振り返ってみましょう。

1950〜1960年代を代表する女優「オードリー・ヘップバーン」。ハリウッドの黄金期のトップ女優として輝き続けた彼女は、数々の名作映画に出演し、アカデミー賞グラミー賞などを受賞した世界的人気女優です。

ベルギー生まれのオードリー・ヘップバーンは、ファッショニスタとしても名高く、1960年代のファッションアイコンとしても有名です。

オードリー・ヘップバーンの名作

オードリー・ヘップバーンの代表作といえばやはり「ローマの休日」でしょう。グレゴリー・ペックを相手役に名演技を発揮、そして可愛らしいお姫様が街へと繰り出す様子はとっても愛らしく、当時の女性たちの憧れの的となりました。

さらにその数年後には「ティファニーで朝食を」が大ヒット、彼女の人気は止まることを知らなかったと言われています。

オードリー・ヘップバーンの魅力

オードリー・ヘップバーンの魅力といえばその美貌とセリフの洗練さ、優れた知性を兼ね揃えた女性であることは皆様もご存知でしょう。

女優である前に一人の女性としての立ち振る舞いは、まさに女性の鑑であり、当時の女性の憧れそのものであったことは言うまでもないでしょう。

オードリー・ヘップバーンの名言集

その美貌と演技で多くの人々を魅了した彼女は、数々の言葉(名言)とエピソードを残しています。それでは珠玉の名言をご紹介します。

オードリー・ヘップバーンの名言① 最高の勝利とは

⭐The greatest victory has been to be able to live with myself, to accept my shortcomings and those of others.

⭐わたしにとって最高の勝利ということは、ありのまま生きることができるようになったこと、そして自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。

⭐自分自身に対して100パーセント率直になって、欠点から目をそらさずに正面から向かい合い、欠点以外のものに磨きをかけるのです。

ありのままで生きられるようになるということは、自分自身に対して100パーセント率直になるということ。

それは「自分自身の長所も短所もすべてを愛おしいものとして愛する。自分が自分自身をまるごと抱きしめる」ということでもあります。そこには「自分という存在を与えて下さった神への感謝、両親への感謝」があるでしょう。

そうすることで、自分の欠点さえ受け入れることができるようになります。自分を受け入れると気持ちが軽くなり、その合わせ鏡のように、他人の欠点も受け入れることができる器となっていきます。

実は、世界中の女性たちにファッションや髪型などでも影響を与えた彼女にも、その容姿にコンプレックス(胸が小さいことや背が低いことなど)があったと伝えられています。

ところがある時、カメラマンが彼女を撮ったアングルの写真・ポスターが、いままでの彼女とは違った魅力的な仕上がりのものでした。そこから「違った角度から自分を見てみることの大切さ」を彼女は学びました。

主観的な要素はありますが、自分が欠点と思っているものは欠点として受け入れながらも、長所をクローズアップして磨きをかけてゆく。そこに確かな自信が生まれてきます。

そしてその自信を基にして、さらに長所を伸ばしつつ、長所と欠点の色を大胆に組み合わせて、トータルで人生芸術を仕上げてゆくのです。もちろん欠点においても、人様に迷惑がかかるようなところがあるならばその修正は必要です。

・・・どんなことからも、美しさや知性を一生涯磨き続ける謙虚さがあったこと。そして現役時代だけではなく、晩年のユニセフでの活動からも分かるように、いつの時でも人々を愛し続ける勇気があったこと。

そのような素晴らしさが名言や作品に溢れていることが、オードリー・ヘップバーンのやまない人気の秘密であるでしょう。

オードリー・ヘップバーンの名言➁ チャンスの時は

⭐Opportunities don't come around so much. If it comes to a surprise, make it your own.

⭐チャンスなんて、そうそうめぐってくるものではないわ。いざめぐってきたら、とにかく自分のものにすることよ。

「幸運の女神には前髪しかない」は、イタリアのLeonardo da Vinci が言った言葉ですが、それは「チャンスがやって来たら逃さずつかめ」ということです。チャンスをつかむためには、まず「チャンスをチャンスとして捉えるセンサー」が必要です。チャンスがやってきていても、それをチャンスとしてとらえていないことも多いものです。

それでは、そのセンサーはどのように磨かれるのでしょうか。

そのひとつは、さまざまな視点から見ることができる眼です。何かに夢中になっていると、人はひとつの視点を凝視しすぎて、狭い幅の考え方になってしまいます。しかし、360度電波をキャッチするアンテナのように、チャンスを見つけるレーダーを張り巡らせる努力も大切なのです。

また、チャンスを自分のものにするためには、いつチャンスが巡ってきてもいいように「充分な前準備」をしている必要があります。その前準備とは、知識的な蓄えと、成功した時の下支えになると思う経験、そして、夢を描くビジュアルトレーニングです。要するに「器づくり」に励んでいることが重要です。

オードリー・ヘップバーンの名言③ 最善を尽くす

⭐I have never considered myself a beautiful woman.

⭐私は自分を美人だと思ったことがありません。

⭐いわゆる天賦の才に恵まれていると思ったことはないわ。仕事を心から愛して、最善を尽くしただけよ。

自分を特別な人間だと思いすぎて行動すると、天狗のように一時期は駆け上るのですが、やがて坂を転がるように落ちてしまいます。長く成功を続けたいならば慢心や自惚れは大敵です。オードリー・ヘップバーンの謙虚さを見習い、誠心努力を続けたいものです。オードリー・ヘップバーンは大女優でありながら、いつも軽やかな春の風のように語りかけてくる、妖精・天使のようなところがあります。

ご本人は深く落ち込みもし、その都度立ち上がり、懸命に努力を続けられていたのでしょう。けれども、人々に与えるものは美しい愛の調べであり、天使が愛の花びらをまき散らしているような綺麗な光の乱舞です。演技や生き様を通じて人々に希望を与えるお仕事の「プロ」としての奥義のひとつが、この名言なのでしょう。

オードリー・ヘップバーンの名言④ 威張る男とは

⭐The man who boasts of himself hasn’t,   in short, been first-rate yet.

⭐いばる男の人って、要するにまだ一流でないってことなのよ。

短い名言ながらも胸に突き刺さる言葉ではないでしょうか。男性はプライドの動物であり、自分の成長が人々の役に立つ方向での正しいプライドは、男性を魅力的にし一流の男にしてゆくための最大要因です。

しかし、そのプライドが、相手との相対感のなかで使われる時、その人が強ければ「威張る」ことにつながり、弱ければ「必要以上の自己卑下」につながってゆきます。つまり、いばるというのは、相手を自分より低くして、自分の方を高くしたいという気持ちの現れなのです。

良いプライドを発揮するには、「確かな自己信頼」が必要です。そこには、人との比較という相対感のなかで揺れ動かない、自分自身に対する絶対的な信頼感があります。

自己信頼を深めるためには、本当は、自分の魂の親としての神仏に対する信仰心が必要です。もうひとつは、仕事のなかで小さなヒットを積み重ねてゆく努力の蓄積です。そられを前提として、仕事に対しての「プロとしての意識と実績」。それが一流の男性をつくってゆくのです。

オードリー・ヘップバーンの名言⑤ 現在の過ごし方

⭐ Every kind of day is to enjoy the day thoroughly.Plain one day.Plain people.The past thinks you told me the thing which should be appreciated at present.If I keep worrying about the future, I think of present, oh, enjoyed room is taken away.

⭐どんな日であれ、その日をとことん楽しみむこと、ありのままの一日。ありのままの人々。過去は、現在に感謝すべきだということを私に教えてくれたような気がします。未来を心配してばかりいたら、現在を思うさま楽しむゆとりが奪われてしまうから。

過去・現在・未来はつながっています。過去から現在へは感謝の心を持ち、現在から未来へは、持ち越し苦労や取り越し苦労ではなく、夢や希望をもって勇気ある一歩を踏み出してゆく。そうすることで、どんな人生も、やがては真珠のように光り輝くようになります。

過去の失敗をいつまで悔やんでいても美しい未来は開かれません。過去に対しては反省をして、そこから教訓を学びましょう。そして教訓を学ぶ時、そこに感謝の思いを添えましょう。もしも許せない人がいるならば、その人を反面教師と思って、これからの人生に対しての智慧の光に変えましょう。

そして、現在を楽しみながら精一杯に生きましょう。現在という一粒の真珠を輝かせてゆくことで、それが繋がって、将来には美しい光のネックレスができることを、オードリー・ヘップバーンは教えてくださつたのでしょう。

オードリー・ヘップバーンの名言⑥ 感謝の素晴らしさ

⭐わたしたちはすべてのものを失いました。家や持ち物、そしてお金も。でも、少しも悲しいことはありませんでした。家族全員が無事に生きている、そのことが何よりも有難かったのです。

戦争時代に直面したオードリー・ヘップバーン、彼女が経験した悲惨な体験の中での一つの光が家族だったのでしょう。家族が無事であったということは、これから手を取り合って励ましあっていくらでも立ち上がることができます。

大変な時期こそ家族がそばにいる有り難み、そして健康でいることに感謝してみてはいかがでしょうか。  

オードリー・ヘップバーンの名言⑦ 愛は行動

⭐ Love is action. It isn’t just talk, and it never was. We are born with the ability to love; yet we have to develop it like we would any other muscle.

⭐愛は行動なのよ。言葉だけではだめ。言葉だけで済んだことなど一度だってなかったわ。私たちには生まれたときから愛する力が備わっている。それでも筋肉と同じで、その力は鍛えなければ衰えていってしまう。

愛の証明は、単なる言葉だけではなく、行動になって現れてくるかどうかです。もちろん、落ち込んでいる人に優しい言葉をかけてあげるなども愛の行動であり、愛の行為です。

言葉だけ巧みでも、そこに本当の優しさがあるならば、そこに真心からの行いが伴うものです。そして愛の力は心を込めることで強く鍛えられてゆきます。また愛には恋愛から家族愛、友人・知人への愛、社会への愛、国家への愛など、幅の広い愛が存在します。

オードリー・ヘプバーンは晩年に向けてもユニセフ大使としての活動などを大きく展開しています。献身的な愛を実践し、生涯を通じて愛を美しく、その容量を大きくする努力を続けました。

オードリー・ヘップバーンの名言⑧ 母からの贈り物

⭐I was given one view of life from my mother;   Not going after others is shameful.   Not controlling myself is also shameful.

⭐母から一つの人生観を与えられました。それは他者を優先しないのは、恥ずべきことでした。そして自制心を保てないのも、恥ずべきことでした。

自分の私利私欲のみに心を動かし、他人の苦しみや悲しみに目を背けてしまうことは非常に残念なことです。また、自分の心のコントロールをしないで自制心を保てないこともとても恥ずべきことです。

「他人を愛すること」と「心の統御をすること」、この二つは、人格を向上して素晴らしい人物となってゆくための、極めて大切な2点です。

オードリー・ヘプバーンの名言⑨ 人生を楽しむ

⭐ The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters.

⭐何より大事なのは、人生を楽しむこと。そして幸せを感じること、それだけです。

彼女の語る人生を楽しむとは、自分の個性を愛して丹念に磨き、それが人々への愛となって輝いてゆく。そのような心の喜びを味わうことでしょう。

それは本当の「幸せを感じる」ことでもあります。多くの幸せを感じることができる人生は、きっと、その生涯が素晴らしい人生だったと胸を張って言えるのではないでしょうか。

オードリー・ヘップバーンの名言⑩ 自分の見方

⭐You have to look at yourself objectively.Analyze yourself as a tool.

⭐自分を客観的に見なくてはなりません。ひとつの道具のように自分を分析するのです。

自分を客観的に見るということは、仏教でいう「正見」につながります。正しい立場で、第三者の立場で、自分を見ると、今まで気づかなかった自分の長所や短所を発見できます。自己分析を正しくすることができれば、自分をも有意義に使うことができるのです。

この名言は、現代の経営学にも相通じるものがあります。有名な経営者ほど、自分を客観的に見て、「自分をも使う」ことができます。そして自分と他人の長所と短所を組み合わせて、素晴らしいチームをつくり、よりダイナミックに発展させることが可能になるのです。

オードリー・ヘップバーンの名言⑪ ファッションは

⭐Fashion is definitely going to get me hooked.

⭐ファッションは間違いなく私にとって夢中になれるものね。

⭐私のルックスはすぐ真似できるわ、大きなサングラスとノースリーブドレスを着ればね。

ティファニーで朝食をという映画の中で使用されたドレスは、オークションで90万ドルもの価値が付けられました。 ブラックドレスは、ジバンシィのデザイン。サングラスはオリバーゴールドスミスです。

オードリー・ヘップバーンのルックスを真似ても、その着こなしはどのようにすれば真似ができるのでしょうか?

オードリー・ヘプバーンの名言⑫ ひと時の休息を

⭐この暴力的な世界に一時の休息をもたらせる、そんなビジネスの一員であることを誇りに思っています。 

1993年に米映画俳優組合の特別功労賞を受賞した彼女は病気で表彰式に出席できず、代理人がこの言葉を読み上げました。

世界に休息をもたらすもの、それは天使の役割でしょう。彼女は地上に舞い降りた天使チームの一員としての役割を充分に果たしました。

オードリー・ヘップバーンの名言⑬ 美しい瞳であるには

⭐ For beautiful eyes, look for the good in others;For beautiful lips, speak only words of kindness.

⭐美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。 美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。

美しい言葉の前には美しい心があります。美しい心から美しい言葉が発され、それが形となって、美しい唇となって表れてきます。

逆に、つねに美しい言葉を使おうと努力することによって、心も整ってきます。その念いが美しい唇となってゆくのです。ところが汚い言葉や厳しい言葉ばかりを使ってしまうと、心に不満足や違和感が残り、美しい唇が象徴する美しい生き方ができなくなります。

美しい瞳を創っていくことも同様です。他人の美しい部分に目を向けることを努力していると、自分の美しい部分も、その瞳の輝きとなって表れてきます。

オードリー・ヘップバーンの名言⑭ 愛することの大切さ

⭐I think love is more important than being loved.

⭐愛されるより、愛することの方が大切だと思います。

 愛されることは素晴らしく有難いことだけど、それが行き過ぎて、愛されることばかり求めていたのでは、心穏やかにはなれません。

それに対して、みずからの方から「愛することの喜び」には美しい幸福感があり、素敵な心の音色があります。

なぜなら、愛するということは、天使の心に通じるからです。人に愛を与えた時、なんともいえない心のなかの喜びを感じるものです。それは天上の光が心のなかに流れてくるからです。人を愛する喜びは清々しいものでありこの上ない喜びです。 

オードリー・ヘップバーンの有名なエピソード

 それでは、オードリー・ヘップバーンのエピソードの中から、有名なものをいくつかピックアップして紹介します。

・・コンプレックスのかたまりだった

前述しましたが、 オードリー・ヘップバーンが残した言葉から、強いコンプレックスを持っていたことが伺えるでしょう。当時のハリウッドではグラマラスな女性の人気が高く、彼女はガリガリと言われていたようです。

・・サブリナパンツが流行した意外な理由

主演作品の1つである麗しのサブリナの中で、彼女は細身の女性用ズボンを履いていました。そのズボンをサブリナパンツと言うのですが、オードリヘップバーンが履いていたということから人気となったのです。ちなみに彼女自身はリラックスした気楽なものが好きだったようです。

・・晩年はユニセフで活動

女優業から姿を消した晩年は、ユニセフ活動に参加し、恵まれない子供たちへの支援に積極的に取り組みました。アフリカや中南米を中心に世界50カ国以上の国々のユニセフ親善大使とし、貧しい人々のために援助を続けました。

時には絶望感すら覚えた彼女はそれでも世界中の人々のために活動や支援を続け、⭐奇跡を信じない人は現実主義者とは言えないと発言したのでした。

それでは、最後に今一度、オードリー・ヘプバーンの人生を簡単に見てみましょう。「名言」といわれるものは、その方の生きざまに深く結びついているものです。

オードリー・ヘップバーンの名言の背景としての生い立ち

・・少女時代は過酷だった

オードリー・ヘップバーンは1929年5月4日、ベルギーの首都ブリュッセルのイクセルで産声を上げます。彼女の父ジョゼフは過激なナチズムの信奉者であり、家庭を捨てて出て行ったのです。第二次世界大戦の影響で彼女や彼女の周囲の人々も大変だったのですが、それでも懸命に生き延びたのでした。

・・バレリーナとして歩むこととなる

1945年に第二次世界大戦は終結を迎えます。その後、母エラとともにアムステルダムへと移住したのですが、彼女にはバレリーナとしてのキャリアがありました。1948年には映像作品に初出演しており、ロンドンへと渡り、あるバレエ団に参加します。

しかし第二次世界大戦の影響で十分な栄養が摂れず体格の問題があった彼女のバレリーナとしての夢は潰え、演劇の世界で生きることを決意したのでした。

・・女優としての活躍

 1951年にフランス語と英語で撮影されるモンテカルロへ行こうという作品の出演オファーを受け、彼女はロケに参加します。フランス人女流作家シドニーは主演女優を探していたようで、そのときにオードリヘップバーンを見つけます。

この作品では、主役はジジという役名でした。「私のジジを見つけたわ」とシドニーが発言したというエピソードが残っています。

後にローマの休日に出演したオードリー・ヘップバーンは、女優として人気者となり、ブロードウェイを経て数々の賞を総なめする大女優への道を歩き続けました。

母性に満ちた慈善家としての活躍

女優として活動した後はユニセフに参加し、恵まれない人々への援助活動に人生を捧げました。美しさと知性に加え、母性に溢れた優しい彼女は63年(1993年)という年月に幕を閉じました。

人生再建のための珠玉の名言

 いかがでしたか?オードリヘップバーンの生き様や信念が表れている名言がたくさんあったのではないでしょうか。

女優として眩しいスポットライトを浴びたオードリヘップバーンですが、その人生は最初から華々しいものではありませんでした。また彼女自信もコンプレックスに深く打ち砕かれた長い時期がありました。

しかし彼女は愛に生き切ったのです。そして映画作品と共に、「人生のすべてから美しい光を見いだす彼女らしい言葉」が多く綴られ、それが名言となって残りました。彼女の死後、その珠玉の言葉に感銘を受けて、人生を立て返した方が世界中に数多くいます。

美しさと愛に包まれた彼女の名言は、人生再建のための言葉でもあるのです。
誰でも自分としての美しさや愛あふれた人生を創造することができます。彼女のメッセージをよく読んで、自分自身を抱きしめて、より素晴らしい人生に向けてTRYしていただければ幸いです。

【名言ブログご案内】ナイチンゲールイチロー湯川秀樹ジョンレノンヘップバーンアインシュタインディズニーエジソン福沢諭吉豊臣秀吉サッチャー本田総一郎吉田松陰リンカーン勝海舟二宮尊徳西郷隆盛スティーブジョブズ坂本龍馬松下幸之助キング牧師夏目漱石宮沢賢治内村鑑三トルストイマザーテレサデールカーネギーシェイクスピアガンジー星の王子様サンテグジュペリヘレンケラーゲーテ

【人生を変えるー7ブログご案内】【人生を変える】強力パワーな7つの方法・名言集 【感謝の言葉・名言集】【仕事・転職・天職の名言集】【元気が出る言葉・名言集】【愛の言葉(英語・日本語)】⑥ 【恋愛の名言・人間愛の言葉】【プロポーズの言葉集】

 「PR」